HOME > 用語及び定義

用語及び定義

ISO9001(品質マネジメントシステム)

「国際基準化機構」(International Organization for Standardization)に制定された品質マネジメントシステムに関する国際規格

 

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)

危害分析重要管理点
航空宇宙局NASAが開発した食品の安全性にとって重要な危害を特定・評価し、管理するシステム。

 

ISO22000(Food safety management systems – Requirements for any organization in the food chain)

2005年9月1日に発行した食品安全に関するマネジメントシステムの国際規格

 

Cleaning(清浄・洗浄)

土、食物残留物、汚物、油分、その他好ましくない物質を除去すること。

 

Contaminant(汚染物質)

生物学的又は科学的因子、異物又は食品の安全性や安定性を危うくするような、故意にではなく加えられてしまったその他の物質

 

Contamination(汚染)

食品又は食品環境における汚染物質に持ち込み又は発生。

 

Disinfection(消毒)

科学的物質及び物理学的方法により、環境における微生物数を食品の安全性や安定性を危険ではなくなるレベルに減少すること。

 

Establishment(施設)

同じ管理下で食品が取り扱われる建物又は区域及びその周囲。

 

Hazard(危害)

人の健康に反する原因となる可能性のある食品中の生物学的、科学的あるいは物理学的因子又は状態。

 

Food handler(食品取り扱い者)

包装又は非包装食品、食品に関係した機器や器具又は食品接触面と直接取り扱い、その結果、食品衛生要求事項を満たすことを当然とされる人。

 

Food safety(食品の安全性)

食品が使用目的にしたがって調理又は食される時に、消費者に有害とならない保証。

 

Food suitability(食品の安定性)

使用目的にしたがって、人の消費のために食品を受け入れることができる保証。

 

FDA

Food and Drug Administration 米国食品医薬局

 

NFI

National Fisheries Institute 全米漁業協会

 

HACCP

危害分析重要管理点
食品安全管理上で常識となっている手法であり、危害の発生後の対応ではなく、発生を事前に防止するためのシステム。

 

HACCPプラン

HACCP原理に基づいた文書。
特定の処理、手順の管理を確実なものにするために守るべき手順を記載した文書。

 

HACCPシステム

一般的衛生管理プログラムを業務に導入し、HACCP原理を実施しえられた成果。HACCP計画として全ての規準作業手順を含む。

 

CADEX

Codex Alimentarius Commission(CAC)コーデックス・アリメンタリウス委員会
ラテン語を語源とし、「食品法」「規約」を意味する。私たちの身の回りには、国際貿易の拡大(食糧自給率の低下?)により様々な輸入食品が出回っています。

こうしたなか、個々の食品に設けられた国内品質規格、食品添加物などの安全性の規準は、国際間の自由貿易を妨げる。いわゆる非関税障壁としての指摘を受けることとなります。この問題解決のために、国際的な統一基準を定める必要があり、これが「コーデックス規格」となります。

1995年に世界貿易機構(WTO)が発足したことに伴い、「衛生植物検疫処置の適用に関する協定」及び「貿易の技術的障害に関する協定(通称TBT協定)」が締結されました。この2つに協定ではコーデックス規格の遵守がWTO加盟国に義務づけられています。

「HACCPシステムとその適用のカイドライン」(Hazard Analysis and Critical Control Point(HACCP)System and Guideline for its Application)(Codex Alimentarius Commission ; CAC,1997年)が発表されている。

 

CDC

疾病管理予防センター

 

CCP

重要管理点

 

SOP

標準作業手順